指輪選びでミスを少なく|円滑な生活を送るためには指輪から

wedding ring

ずっと使う物

高級感溢れるリングが欲しいならカルティエの結婚指輪が適しています。他のお店にはない特別なデザインが豊富に揃っています。

結婚指輪のデザインやサイズ選びでお悩みの方はこちら!ご相談などはお気軽にお問い合わせ下さい。お電話で購入もできます。

婚約指輪を長く愛用するためには

婚約指輪は普段使いできるファッションリングとは違い、購入金額が高額なため、選ぶのに時間がかかりやすいです。婚約指輪を選ぶときは、日常生活でも頻繁に使用するのか、冠婚葬祭などの特別な日にだけはめるのかどうかで選ぶデザインがかわってきます。パーティーなどの特別な日にはめるのであれば、ソリティアタイプのような華やかなデザインのものがふさわしいです。逆に結婚指輪と同じように頻繁に身に着けるつもりであれば、家事や仕事中でもあまり邪魔になりにくい宝石が埋め込んでいる型や服などに引っかかりにくいうえに手持ちのファッションリングとも重ねづけがしやすいエタニティタイプの婚約指輪が適しています。また、毎日はめる場合は、指輪に傷がつきやすいため、アフターフォローのサービスがしっかりしている宝石店で購入するのがおすすめです。

エンゲージリングの費用について

1980年代の頃は、婚約指輪の購入価格は、月収の三か月分というのが定説でした。これは、当時流れていたダイヤモンド会社のCMが発端だといわれています。しかし、景気がよかった80年代とは違い、現在は婚約指輪の相場は20万から50万ぐらいが相場となっており、月収の1か月から2か月分ぐらいの額が主流となっています。また、今までは宝石のなかでも価格が高いダイヤモンドが婚約指輪のメインの石になることが多かったですが、最近は価格を抑えるために冠婚葬祭でも使うことができる真珠や女性の誕生石を選ぶカップルも増えています。また、リングの素材もプラチナが主流でしたが、ホワイトゴールドや金属アレルギーが起きにくいチタンなどの素材で制作された婚約指輪も販売しています。結婚費用を抑えるために、指輪は結婚指輪だけにして、婚約指輪自体の購入を見送るカップルも増えています。